ウェルフェア北園 渡辺病院(鳥取市)

労働条件面で優遇され、負担も少ない短時間正職員制度を採用

離職防止にも大きな効果
病床数 入院基本料 平均年齢 離職率 看護職員数
360 20対1(療養病棟) 36.1歳 4.9% 136人

フルタイム勤務でなくても所定の時間数を出勤すれば、正職員に相当する待遇を受けることができる人事制度「短時間正職員制度」。鳥取県のウェルフェア北園渡辺病院では、看護師のワークライフバランスの推進の一環として、対象となる条件を設けず誰でも利用できる形で同制度を導入しています。

同病院では、看護師が自分の希望にあわせて勤務のペースを柔軟に設定できるように、以下のように7段階の勤務形態を用意しています。短時間正職員制度は、パートタイマーのような不安定な雇用を回避し、労働条件でも優遇されるというメリットがあるうえ、正職員よりも負担が少ないため、非常に選択しやすい制度といえます。

段階 名称 内容 労働条件
Step1 パートタイマー 週18~24時間以内の勤務 時給制
社会保険無
Step2 短時間正職員 週30時間以上勤務
①1日6時間以上週5日勤務
②1日7.5時間以上週4日勤務
月給制
賞与有
社会保険有
Step3 正職員 週38.75時間以上勤務
①平日日勤のみ
②早番・遅番・残業はなし
月給制
賞与有
社会保険有
Step4 ①日勤のみを担当
②いずれの曜日も勤務可能
③早番・遅番・残業を担当
Step5 月2~4回夜勤を行う
特定曜日等に限定
Step6 夜勤回数は制限なし、準夜・深夜いずれか専従or夜勤は曜日固定等
Step7 制限無し

同制度を導入した2008年は、看護師の年間採用数も順調な伸びを示し、転勤や進学を除くと退職は2名のみで、退職理由で育児や介護を挙げた人はゼロでした。このことから、短時間正職員制度を含む、ワークライフバランスの推進は、離職防止に有効と評価されています。

夜勤を行う人員確保で生じる経営面の課題に取り組む

短時間正職員制度の利用者の多くは、育児や介護の関係で夜勤に制限があるため、病院側には夜勤を行う看護職の増員にともなう経営面の課題は必ず発生します。同病院では人員拡充を好機と捉え、サービス機能向上→新たな収益に結びつける取り組みを徹底しています。

さらに、人事評価システムや総人件費、職種別配置人員をきめ細かく調整していくことで、経営面の過大はクリアできるしています。

ウェルフェア北園渡辺病院:鳥取県 鳥取市 覚寺181
慢性期(療養病床)・回復期リハビリテーション・認知症医療の専門病院(内科、神経内科、リハビリテーション科、精神科)

Copyright © 2015 育児支援・復職サポートが充実!看護師が働きやすい病院・クリニック All Rights Reserved.